旅のデザインルーム トップページへ戻る  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > スペイン・ポルトガルへの旅
 出発日・料金  コースの見どころ

常春のカナリア諸島4島を訪れ
ゴメラ島では大西洋に臨むパラドールに宿泊!

〜パラドールにも泊まる〜
カナリア諸島4島巡り
10日間

出発日  料金 
2017年12月2日 398,000円
12月30日 459,000円
2017年1月20日 398,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
【12/2,1/20】63,000円
【12/30】78,000円
利用予定航空会社 イベリア航空
国内線料金 往復10,000円
成田空港使用料
保安サービス料
2610円
海外空港税 5,790円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。


ラ・パルマ島
コースのポイント

スペイン本土から約1,500キロ離れ、ほぼ北回帰線上に位置する7つの島々がカナリア諸島。火山性の島々のため、起伏が激しく、山、谷、砂丘、森、林とバラエティに富んだ自然環境が見所です。自然以外にも、世界遺産に指定される中世の街並みや近年発見された謎のピラミッド群など多彩な魅力に溢れています。当ツアーでは7島中、4島をしっかりと巡り、各々の島の特色をお楽しみいただきます。

◆ゴメラ島
ゴメラ島。この丸い形の小さな島は、島自体が山になっており、ネコの額のような谷間に人家が集まっているのが特徴です。かのコロンブスが、アメリカ大陸への航海へ出発する前に滞在し、島のアスンシオン教会にて旅の無事を祈りました。また、島の最高峰ガラホナイ山(1487m)を中心としたガラホナイ国立公園は世界遺産に指定されており、多くの固有種、太古からの原生林が残っています。
利用確定ホテル:パラドール
かつての伯爵の館を改装したパラドール。重厚でアンティークな造りの室内。清潔で明るいバスルーム。館内は海や航海にまつわる品々で装飾されており、中庭は亜熱帯の植物が茂っております。プールがある前庭からは真っ青な大西洋が見渡せます。
◆ラ・パルマ島
「緑の島」と呼ばれるラ・パルマ島はもっとも緑の多い島として知られています。島の中心部には直径10キロメートル、深さ1500メートルという世界最大級のカルデラがあり、国立公園に指定されています。世界各国の天文観測所が集まる北半球有数の天体観測施設も有名。また、美しい海岸線にカラフルな建物が立ち並ぶサンタ・クルス・デ・ラ・パルマには、教会などの歴史的建造物も多くみられ、街歩きも楽しめます。
◆グラン・カナリア島
グラン・カナリア島という名前ですが、3番目の大きさの島。240kmに及ぶ海岸線には美しい砂浜が多くあり、国際的なリゾート地となっております。首都ラス・パルマスには、石灰岩や玄武岩で造られたコロニアル様式の民家や宮殿、ゴシック様式のカテドラルなど多くの見どころがあり、市内は常にさまざまな種類の花で彩られ、華やいでいます。
◆テネリフェ島
カナリア諸島で最大の島、テネリフェ島。東側2島とは異なり、緑豊かな島で、スペイン最高峰のテイデ山(3718m)があります。周辺は国立公園に指定されており、カルデラは世界で最も大きなものと言われています。また、古いカナリア式建築の残るオロトヴァなど、歴史ある街並みも見どころです。16世紀の街並みが残るサン・クリストバル・デ・ラグーナは世界遺産。世界史に新たな謎を投げかけた、グイマールのピラミッドや数千年の樹齢と言われる巨大な竜血樹ドラゴ・ミレナリオもご覧いただけます。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2016 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム