旅のデザインルーム トップページへ 中南米・カリブ海、太平洋の島々  東京:03-3567-9191 大阪:06-6201-0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top中南米の大自然と世界遺産
ツアー名・出発日・旅行代金 コースの見どころ
東京/大阪発着
同一料金


北太平洋の楽園3カ国を一度で巡る旅!
謎の海上都市遺跡ナンマドールも訪問!


パラオ共和国、ミクロネシア連邦と
マーシャル諸島共和国
10日間


出発日  料金 
2018年1月27日 659,000円
一人部屋利用追加料金 84,000円
利用予定航空会社 ユナイテッド航空等
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港税・航空保険料 4,080円
ESTA 14ドル
ESTA取得代行料金 4,320円
   
最少催行人員 12名様(最大20名様)
燃油サーチャージは別途頂きません



マーシャル諸島共和国

コースのポイント

◆ マーシャル諸島共和国 ◆
太平洋のど真ん中、グアムとハワイの中間あたりに位置する29個の環礁(珊瑚礁で出来たリング状の島)の国。ドイツの保護領、日本の委任統治、アメリカの信託統治の後、1986年独立。首都はマジュロ環礁。言語は、マーシャル語と英語。四季はなく年間通し平均気温27度前後。おおまかに1〜4月が乾季。何よりサンゴで出来た細長い国土と青い海の美しさが魅力。「太平洋に浮かぶ真珠の首飾り」と称されるほどです。

◆ ミクロネシア連邦共和国 ◆
ミクロネシア連邦共和国は、太平洋の赤道の北半球側に沿ってヤップ・チューク・ポンペイおよびコスラエの4州と607の小さな島々からなる国。国土の面積は、総計約700平方キロメートル(日本の奄美大島と同規模)しかありませんが、太平洋上の780 万平方キロメートル以上の海域にちらばっており、西の端(ヤップ)から東の端(コスラエ)まで、その距離2,550キロメートルにも及びます。ドイツ領、日本の委任統治、アメリカの信託統治の後、1986年独立。最大の島であるポンペイ島は800m級の山々が2峰あり、島のほとんどがジャングルに覆われています。水と緑に恵まれたこの島は「太平洋の花園」と呼ばれ、ミクロネシアの動植物の宝庫でもあります。この島にポンペイ州の州都コロニア、ミクロネシア連邦の首都パリキールが置かれています。言語は英語と現地語。四季はなく年間通し平均気温27度前後。おおまかに12〜4月が乾季。

◆ パラオ共和国 ◆
日本から3000キロほど南、フィリピンの東に位置する200以上の島々からなる多島国家。このうち人が住んでいるのは9島のみで、残りは無人島。スペイン、ドイツの植民地を経て、日本の委任統治、アメリカの信託統治の後、1994年独立。首都はバベルダオブ島のマルキョク。言語は、パラオ語と英語。四季はなく年間通し平均気温28度前後。11月〜5月が乾季。島々の美しさは秀逸。隆起サンゴの島々は長年の侵食によりマッシュルーム型の奇観を造りだし、ロックアイランドとして広く知られ、世界遺産にも指定されています。また、ロマン溢れる太古の時代の謎の巨石遺跡も興味深いです。

※秘境の旅です。必ず裏面の「ご案内とお願い」をお読み下さい。
※航空便のスケジュールが流動的な地域です。そのため、観光順序・内容などに変更が発生する可能性が高いコースであること、予めお含みおき下さいますよう、お願い申し上げます。フライトの遅延・欠航など当社の関知しない事由により旅程を変更せざるを得ない場合や帰国が遅れた場合など、追加で必要となる費用は、旅行業約款に基づき、ご参加者の皆様にご負担いただくことになります。予めご了承の上、お申込み下さいますよう、お願いいたします。
※安心のため、当社提携・東京海上日動の偶然事故対応費用を含む海外旅行保険にご加入いただくことを、強くお勧めいたします。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2016 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム