旅のデザインルーム トップページへ 中南米の大自然と世界遺産  東京:03-3567-9191 大阪:06-6201-0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > 中南米の大自然と世界遺産
ツアー名・出発日・旅行代金


中米縦断で一度訪れた方にもおすすめ。
熱帯雨林や美しいカリブ海などの自然、
伝統文化など奥深いパナマの魅力に迫ります!


もっと知る、奥深いパナマの魅力
9日間


出発日 料金 
2017年1月29日 349,000円
2018年3月28日 349,000円
一人部屋利用追加料金 43,000円
利用予定航空会社 アエロメヒコ航空等
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 5,480円
最少催行人員 15名様
燃油サーチャージは別途頂きません



ハーピーイーグルの正面

コースのポイント

北海道ほどの小さな国土面積ながら、北米と南米の結節点という地理的重要性から、16世紀より太平洋岸で最初の植民都市として栄え、現在でも、太平洋と大西洋を繋ぐパナマ運河のおかげで、交易や通商においての要所となっている国パナマ。パナマシティの新市街は高層ビルが立ち並ぶ大都市でありながら、旧市街にはコロニアル様式の美しい建物が残り、また僅か車で30分も走れば、多種多様な動植物が生息する熱帯雨林の大自然に出会えます。一方、美しいカリブ海沿岸の島々には、独自の伝統・風習を守る先住民族が暮らしていたりと、様々な側面を持つ国・パナマ。首都パナマシティにゆったり5連泊し、毎日の日帰り旅行で、奥深いパナマの魅力に迫ります。

パナマの国鳥ハーピーイーグル
パナマの国旗にも描かれている国鳥で、中米からアルゼンチン北部にかけて分布します。飛ぶ鳥の中では最も体重があると言われており、雄は約6kg(全長約90cm)、雌は約8kg(全長約1m)になります。大きな体にも関わらず、狭い木々の間を巧みにすり抜けながら飛行し、獲物を捕らえます。握力は140kgもあり、サルやナマケモノも引っ剥がして連れ去っていく『最強の猛禽類』。凛々しい横顔と正面からのユーモラスな表情とのギャップがありすぎて、同じ鳥とは思えないことでも有名です。密猟、そして生息地である森林の破壊により個体数は激減しており、残存数は約300羽。絶滅危惧種に指定されています。当ツアーでは、世界で唯一のハーピーイーグルの飼育場があるソベラニア国立公園のサミット ガーデンを訪れます。
「カリブの宝石」サンブラス諸島と伝統を守るクナ族
透明度の高いエメラルドグリーンのカリブ海に浮かぶサンブラス諸島はまさに「カリブの真珠」。365もの島々は、家が一軒だけある小さな島から白砂にヤシの木が1本だけの島など多種多様。島には、先住民族のクナ族が伝統文化を守りながら生活しています。クナ族の女性が身に着けているのは「モラ」と呼ばれている刺繍を施したブラウス。魚や鳥、植物などの自然をモチーフにしたデザインが特徴的で、その芸術性は世界的に評価されてています。
ソベラニア国立公園
ソベラニア国立公園の熱帯雨林観察へ。ボートクルーズにてサルやワニなどの動物観察をお楽しみ下さい。また、空中ゴンドラに乗って野鳥観察にもご案内します。
パナマ運河鉄道にも乗車!
パナマシティからカリブ海側のコロンへ。天井がガラス張りになっている展望車でパナマ運河を眺めながら、全長約77kmの旅をお楽しみ下さい。世界最短の大陸横断鉄道でもあります。
2016年拡張工事完成・パナマ運河・アグアクララ新閘門も見学!

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2016 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム