旅のデザインルーム トップページへ 中南米・カリブ海、太平洋の島々  東京:03-3567-9191 大阪:06-6201-0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top中南米の大自然と世界遺産
ツアー名・出発日・旅行代金 コースの見どころ

メキシコ・ベリーズ・ホンジュラス・
エルサルバドル・グアテマラ。
マヤの遺跡を極め、民族文化にも触れる旅


メキシコ周遊と中米4カ国・
古代マヤ文明への旅
17日間


出発日  料金 
2017年11月21日 579,000円
2018年2月13日 579,000円
一人部屋利用追加料金 79,000円
利用予定航空会社 アエロメヒコ航空等
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港税 14,640円
最少催行人員 15名様
  燃油サーチャージは別途頂きません



ティカル遺跡


コースのポイント

◇メキシコでは、ユカタン半島の三大マヤ遺跡(パレンケ、ウシュマル、チチェンイツァ)に加え、マヤ最大規模の都市遺跡カラクムルや、「マヤの天使」の彫刻が残るエクバラム遺跡、カリブ海の青とのコントラストが美しいトゥルム遺跡にもご案内します。
◇ベリーズでは、翡翠の仮面が発見されたことで知られるマヤ遺跡アルトゥン・ハ、保存状態の良いシュナントゥニッチ遺跡などにご案内します。
◇ホンジュラスでは、装飾などの芸術性が高いことで有名な世界遺産コパン遺跡へ。
◇エルサルバドルでは、火山噴火で時が止まった「中米のポンペイ」ホヤ・デ・セレン遺跡へ。
◇グアテマラでは、マヤ最大規模の神殿都市遺跡ティカルやキリグア遺跡へ。また、民族色豊かなチチカステナンゴの日曜市も訪れます。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム