旅のデザインルーム トップページへ戻る トルコ・イラン・シルクロード  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top >トルコ・イラン・シルクロード
 出発日・料金  コースの見どころ

シルクロードの未知の国トルクメニスタンへ
カラクム砂漠を縦断し、カスピ海も訪ねます

「地獄の門」と「ヤンギカラ渓谷」
トルクメニスタンの旅
11日間


出発日  料金 
2017年5月16日 349,000円
8月15日 369,000円
10月3日 369,000円
一人部屋利用追加料金 35,000円
利用予定航空会社 アシアナ航空等
査証(ウズベキスタン、
トルクメニスタン)
別途必要です
査証取得代行手数料 7,020円
成田空港使用料
・保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 4,750円
最少催行人員 12(最大18)名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。


船の墓場


◆コースのポイント◆

日本では余り報道されることもなく情報の空白地帯ともいえるトルクメニスタン。遺跡をはじめ遊牧民、砂漠、そして近代化された町など、未知の国を訪ねます。
★中央アジア最大の遺跡メルブ
 紀元前6世紀から発展し、シルクロード上の最大のオアシス都市として繁栄しました。時代とともに領域拡大し、5つの時代ごとの城壁が並存しています。
★アラル海の「船の墓場」
かつてはアムダルヤ川、シルダルヤ川が注ぎ込み、世界第4位の面積を誇った湖・アラル湖。現在は干上がり、漁港だったムイナク周辺には多くの漁船がかつては湖底だった砂漠に野ざらしに放置されています。
★ヤンギカラ渓谷
 かつてはカスピ海と繋がっていたと考えられる地が干上がり、風化、浸食された結果、カラフルな地層を持つ奇岩、大地、渓谷が出現しました。絶景の中を四輪駆動車で走ります。
★カラクム砂漠「地獄の門」
 トルクメン語で「黒い砂」の意味のカラクム砂漠は、35万平方qの面積を持ち、国土の70%を占める大砂漠です。中央部には旧ソビエト時代に探査が行われ途中放棄されたガス田が今も消化不可能で炎を上げ続けており、「地獄の門」と呼ばれています。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム