旅のデザインルーム トップページへ戻る  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > 秋色のヨーロッパ
 出発日・料金  コースの見どころ


アビスコは国立公園内に宿泊し、
『王様の散歩道』の絶景を堪能。
黄葉とオーロラを満喫する旅!

美しき秋の北欧
アビスコ国立公園とラップランドへの旅
9日間


出発日  料金 
2017年9月7日
黄葉の季節
398,000円
一人部屋利用追加料金
(シングルタイプ)
49,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
69,000円
利用予定航空会社 スカンジナビア航空
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外での空港諸税 7,210円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。
☆9月はオーロラ鑑賞のチャンス!

王様の散歩道


アビスコのオーロラ

◆コースのポイント◆

ラップランドの秋を満喫
9月のフィンランド・ラップランド地方では、白樺やヤマナラシの木々が黄色に、大地のベリーや草・コケが赤・黄色などに色付き、鮮やかな色のコントラストが広がります。フィンランドでは、国立公園や私有地でも、ベリーやキノコ類を自由に取って良いという法律がありますので、ウルホ・ケッコネン国立公園を訪れ、黄葉の美しい光景の中、ベリー摘み体験を楽しむのも、この国ならではの体験でしょう。また、湖畔の黄葉美しいラップランド最大の湖イナリ湖の遊覧観光にもご案内します。

アビスコ国立公園〜王様の散歩道〜
スウェーデンの北端の北極圏内に位置するアビスコ国立公園。ハイキング・ルート「王様の散歩道」が世界的に有名で、国を代表する国立公園です。また、晴天率が高いことからオーロラ観測に適しており、昼は赤や黄色の絨毯を敷いたような黄葉の大地の中、のんびりハイキングを楽しみ、夜は、オーロラ観測をお楽しみ下さい。今回、公園内唯一のホテルに宿泊しますので、散策やオーロラ観測など、とても便利です。
オーロラ観測に適した時期
北欧のオーロラの出現率を見ると最も高いのが、9〜10月と3月。そして9月の平均気温は最高約10度、最低約3度と寒さは厳しくありません。また、一般的に、北欧のオーロラは夜22 〜 23時がオーロラ現象のピークとなりますので、深夜2 〜 3時まで起きている必要はないのです。出現率も高く、特別な防寒具を持たずに気軽にオーロラ観賞を行うこと出来る秋のオーロラ観賞はお勧めです!

利用確定ホテル
アビスコ国立公園:ツーリスト・ステーション
国立公園内に唯一ある宿泊施設。ラップランドの大自然に囲まれ、落ち着いた雰囲気と暖かいおもてなしが自慢のホテルです。国立公園の様々なアクティビティの拠点にもなっています。

※天候により、行程、その他観光内容が変更となる場合もございます。予めご了承下さい。
※土地柄、空港及びホテルにポーターがいない場合が殆どです。その場合は、お客様ご自身でスーツケースをお運びいただきますようご協力宜しくお願いいたします。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム