イタリアへの旅  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > イタリアへの旅
 出発日・料金  コースの見どころ

騎士たちの流鏑馬・サルティリア祭を見学し
地中海の異郷サルデーニャ島、
コルシカ島をじっくりと巡る旅

サルティリア祭見学!
コルシカ島とサルデーニャ島への旅
11日間

出発日  料金 
2017年2月21日 379,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
62,000円
利用予定航空会社 アリタリア-イタリア航空
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港税 5,770円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。


サルティリア祭


コースの見どころ

地中海の秘境であり、楽園でもあるサルデーニャ島・コルシカ島へ。先史時代からの遺跡から、様々な文明に影響を受けた独自の文化、素朴なロマネスクの教会、野生美溢れる海岸線、エメラルドグリーンの海が美しい自然美など様々な見所へ。

イタリア版・流鏑馬「サルティリア祭」
サルデーニャ島オリスターノにて毎年2〜3月に「ラ・サルティリア」という春を告げるカーニバルが行われます。メインのイベントは、中世の衣装と仮面で着飾った騎士達が、馬上より剣で星を射抜く、日本の流鏑馬のような競技「ラ・コルサ・アッラ・ステッラ」です。獲得する星の数が多いほどその年の策も作物収穫が多くなるといわれており、サルデーニャ島の春を告げる風物詩であります。
景勝コルシカ鉄道に乗車
詩人モーパッサンが「海に聳える山」と称したコルシカ島。その山岳美が楽しめるコルシカ鉄道。76もの橋があり、中でも高さ94mのヴェッキオ橋はエッフェル塔を建てたギュスターブ・エッフェルによって設計されたものとして有名。

コルシカ島 フランス語でコルス島とも呼ばれ、島の殆どが急峻な山岳で占められ、2500mを超える高峰が連なります。西海岸は断崖絶壁が続き、中でもポルト湾は奇岩連なる絶景地として世界遺産に指定されています。その他、ナポレオンの生誕地アジャクシオ、真っ白な花崗岩の絶壁の上にせり出す旧市街が美しいボニファシオなど見所は多彩。
サルデーニャ島 イタリア領で、エメラルド海岸など世界的に有名なリゾート地でもあります。地中海の中間に位置するため、フェニキア、古代ローマ、アラブ、ピサ、スペイン・アラゴン王国など、様々な民族の侵略に晒されてきました。古くは3800年近くも前の文明ヌラーゲ・ス・ヌラジは世界遺産に指定されています。また、シュロの並木とカラフルな家々が印象的な町ボッサや、サルデーニャならではの美食なども魅力です。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2016 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム