イタリアへの旅  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 TOP > イタリアへの旅
 出発日・料金  コースの見どころ



島全体がカルタゴの遺跡モツィア島など
シチリア島の見所を網羅。
そしてティレニア海に浮かぶ
世界遺産エオリア諸島へ!

シチリア島と世界遺産エオリア諸島
12日間

出発日  料金 
2017年11月6日 398,000円
一人部屋利用追加料金
(シングルタイプ)
43,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
59,000円
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
利用予定航空会社 アリタリアーイタリア航空
海外での空港諸税 6,220円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。


モンレアーレ大聖堂

◆コースのポイント◆

タオルミーナ、パレルモ、アグリジェント、シラクーサなどの定番観光以外に、当社ならではのとっておきの見所にご案内します。
◇標高751mの小さな山の頂に築かれた町エリーチェを訪問。中世が残る趣ある町です。
◇アラブ色が色濃く残る町マザーラ・デル・ヴァッロも訪れ、紀元前4世紀頃の「踊るサテュロス像」をご覧いただきます。
◇マヨルカ焼きの町カルタジローネでは、階段の蹴り上げ部分に絵タイルが飾られた色鮮やかな階段をご覧いただきます。
◇風車で海水を汲み上げ、塩田に流す、古代カルタゴ・フェニキア時代から続く伝統的な天日塩田製法が行われているマルサラも訪問。
◇島全体がカルタゴの遺跡といわれるモツィア島、シチリア最大の神殿群セリヌンテなど古代遺跡の数々もご覧いただきます。

◆世界遺産エオリア諸島には2連泊◆
7つの火山島からなるエオリア諸島。エオリアの名は、ギリシャ神話の風の神アエオロスに因みます。島の起源は古く、紀元前20世紀頃。その後、年中温暖な気候と、リパリ島で産出される黒曜石の貿易により栄え、紀元前6世紀にはギリシャの植民都市になり、そしてポエニ戦争に巻き込まれることに。シチリアと同じく様々な勢力に支配される運命を辿っていきました。今回、そのエオリア諸島で最大の島リパリ島に2連泊し、古代からの歴史遺産、風光明媚な自然、素朴ながらも洗練された町並みを、ゆったりとご覧いただきます。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム