旅のデザインルーム トップページへ戻る イタリアへの旅  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > イタリアへの旅
 出発日・料金  コースの見どころ



1泊だけは2カ所のみ、連泊主体の日程で
南イタリアとシチリア島を訪問
マルタ共和国では
リゾートホテルの海側の部屋に3連泊

南イタリアからシチリア島、
マルタ島へ
15日間

出発日  料金 
2017年4月4日 479,000円
5月11日
ノートの花絨毯
カルタジローネの花階段
489,000円
10月3日
ミリタリータトゥー/マルタ
498,000円
一人部屋利用追加料金
(シングルタイプ)
57,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
78,000円
利用予定航空会社 アリタリアイタリア航空
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 6,840円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。



絵タイルの階段/カルタジローネ

◆コースのポイント◆

ナポリ及び近郊の観光も充実!カゼルタ王宮も訪問!
ナポリ王国を統治したブルボン家の夏の離宮がカゼルタの王宮。ヴェルサイユ宮殿を模した造りは、イタリアン・バロックの傑作と名高いです。1200室にのぼる部屋数を持ち(公開されているのは36室)、庭園は3キロもある、壮大な王宮です。
ポンペイでは『秘儀荘』も見学!
「ポンペイの赤」が印象的なこのフレスコ画は、宗教儀式’ディオニソスの秘儀’への入信の様子を描いた連続絵画です。
世界遺産アマルフィ海岸・アマルフィにて宿泊!
切り立った断崖とエメラルドの海が複雑に入り組み、その美しさは世界一と言われる世界遺産アマルフィ海岸をドライブ。そして、アマルフィ海岸の中心アマルフィに宿泊し、急斜面に張り付くように広がる市街の細い路地の散策もお楽しみ下さい。
数々の文明の後・歴史の宝庫シチリア島へ
古代ギリシャ、カルタゴ、ローマ、アラブ、ノルマン等次々にこの島を征服した各時代の文化が今に息づく遺跡と歴史の宝庫・シチリア島。タオルミーナ、パレルモ、アグリジェント、シラクーサなどの定番観光の他、階段の蹴り上げ部分全てに絵タイルが飾られた階段が必見の町カルタジローネや世界遺産のバロックの町ノートなどにもご案内します。
◆「白く美しい町」ロコロンドにもご案内!◆
アルベロベッロの隣町で、旧市街は教会を中心に白い石灰岩の建物が周りを取り囲んで円形を描いています。その様子は白い要塞のよう。まだ観光地化されてはいませんが、手入れが行き届いた美しい街並みは、町としての美的水準が高いことを表しています。
不思議な家並みアルベロベッロ
平らな石を積み、石灰を塗った壁に円錐状の屋根を載せた不思議な家並み。一度見たら忘れられない光景です。15世紀ごろ、この地方の領主が領内に建物を建てることを禁ずる命令を出しました。そこで農民たちは、管理人がきたらすぐに取り壊せるよう、土台も骨組みも泣く、平たい円錐状に積み上げただけの小屋を造るようになったのが始まり。後にブルボン家のフェルディナンド4世が視察にに来たとき、これらの家々を気に入り、以後はこの形の家のみを建てるように命じ、村をアルベロベッロ(美しい木)と名づけたのです。
マルタ共和国も3連泊でしっかりと観光
マルタ島には3泊し、その多彩な魅力に触れます。ヨハネ騎士団が築いた重厚な城塞都市ヴァレッタに代表される、その歴史の多様性。地中海の要衝であったため、古より数多くの文明が通り過ぎたのです。また、遡ること五千年、エジプトのピラミッドより古い先史時代からここマルタには文明がありました。文字を持たなかったため未だ謎でありますが、巨石神殿を作れるほどの高度な文明であったのです。また、地中海ならではのダイナミックな自然景観もマルタの魅力。首都ヴァレッタ、島南部、ゴゾ島と地域毎にマルタ島を巡ります。
◆5月11日発はシチリア島の花の祭典にもご案内◆
ノートでは、世界遺産に指定されるバロックの町並みの中、色とりどりの花びらが通りに敷き詰められ、巨大な花の絵画を造る「花絨毯」にご案内。春の陽気を受け、一層優美な町の印象となるでしょう。また、カルタジローネでは、階段に花を植えた植木鉢を配置することで模様を描く「花階段」にもご案内します。

旅の最後・マルタ島では豪華リゾートホテルに3連泊!
ゴールデンチューリップ・ヴィヴァルディ

セント・ジュリアン地区に位置するスーペリア・クラスホテル。ヨーロピアン・スタイルの外観で美しいテラスのデザインが印象的。部屋はモダンなインテリアを配したエレガントな内装。屋上からの海の眺めが素晴らしい。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム