旅のデザインルーム トップページへ戻る イタリアへの旅  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 TOP > イタリアへの旅
 出発日・料金
東京/大阪発着
同一料金

 滞在型の旅 ローマに6連泊
古代ローマ探訪・近郊の世界遺産・
バロック芸術巡りなど
日ごとにテーマを設けてご案内

永遠の都ローマに滞在・
歴史と芸術を辿る旅
8日間

出発日  料金 
2017年11月13日 288,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
58,000円
利用予定航空会社 KLMオランダ航空
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 6,740円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。


フォロ・ロマーノ
コースのポイント

永遠の都ローマにゆったり6連泊し、通常のツアーでは訪れない奥深い魅力に浸ります。古代ローマ探訪、近郊の世界遺産、バロック芸術巡りなど、日ごとにテーマを設けてご案内します。
是非この機会に、二千年の時を越え、古代と現代が調和する永遠の都ローマを徹底探訪されては如何でしょうか。


2日目:古代ローマの栄光を辿る
ローマの名所でありながら、通常は入場観光することのない古代ローマの遺構を巡ります。古代ローマの政治の中心フォロ・ロマーノ、現存するローマ建築の最も完全な遺構で、世界最大の石造建築であるパンテオン、ハドリアヌス帝など歴代ローマ皇帝の霊廟サンタンジェロ城に入場観光します。
4日目:ローマ近郊の世界遺産へ
★ハドリアヌス帝がギリシアやエジプトなどローマ帝国領土の美しい建築物や景観を再現すべく造った別荘ヴィラ・アドリアーナ(世界遺産)へ。
★16世紀半ば、エステ家の枢機卿イッポーリト・デステの隠匿生活の場として造られたヴィラ・デステ(世界遺産)へ。内部のフレスコ画や噴水で飾られた美しい庭園は秀逸で、後期ルネッサンス期の代表的な庭園と言われています。
3,4日目:すべての道はローマに通ず
★ローマへ通ずる陸の道の中で最も重要で「女王の道」と称されたアッピア旧街道。カエサル、アウグストゥスなど古代ローマの英雄が歩んだ道です。ローマ時代そのままの轍跡が残る石畳が印象的です。
★ローマの海の玄関口オスティア・アンティカ。北アフリカからの小麦、エジプトからの家畜、モロッコからヤシ、ギリシアからの大理石など世界中の品々の集積基地として発展しました。庶民の集合住宅や店舗の遺構が多く残っている貴重な遺跡です。
5日目:自由行動。
6日目:珠玉のバロック芸術を堪能
★通常、入場が難しい、映画「ローマの休日」で有名なコロンナ宮に観光入場。映画のラストシーンでアン王女の記者会見が行われた壮麗な内装の宮殿です。
★ベルニーニの彫刻やカラヴァッジョの名画などを所蔵するボルゲーゼ美術館
★ラファエロやフィリッポ・リッピなどの巨匠の作品を所蔵するバルベリーニ宮(国立絵画館)

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム