旅のデザインルーム トップページへ戻る 滞在型で楽しむ  ヨーロッパの旅  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > 滞在型の旅
 出発日・料金

ハプスブルク家が築いた美しい港町に8連泊し、
フリウリ州の見所やユリアン・アルプス、
イストラ半島など隣国にも巡ります!

ハプスブルク家の香り漂う港町
トリエステに滞在

10日間


出発日  料金 
2017年5月17日 349,000円
10月4日 349,000円
10月10日 349,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
77,000円
利用予定航空会社 アリタリアイタリア航空
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 6,040円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。



夕暮れ時のトリエステ
◆コースのポイント◆

イタリアの最東端フリウリ=ヴェネチア・ジュリア州の州都トリエステ。ローマ時代からの歴史を持ち、その後、アクイレイア、ヴェネチアの支配を経て、14世紀末にオーストリア・ハンガリー帝国の庇護下に入り貿易港として栄えました。マリア・テレジアの時代に帝国唯一の海への玄関口として栄え、ハプスブルク家の雰囲気漂う、ネオ・クラシックの美しい街並みが整備されました。皇妃エリザベートはトリエステを愛し、この港からマルタ島やコルフ島などへ旅に出たと云われています。
当ツアーでは、トリエステにゆったり8連泊し、フリウリ=ヴェネチア・ジュリア州の小さな珠玉の街々を巡ります。また、スロベニアの世界遺産シュコツィヤン鍾乳洞やユリアン・アルプスの美しい自然を、クロアチアではイストラ半島の小さな美しい街々を日帰り旅行で巡ります。

トルミンカ渓谷 (スロベニア)
ユリアン・アルプス西部、ターコイズ・ブルーの清流沿いのハイキングへ。
グラード
本土と1本の橋で繋がる干潟の島。5世紀からの歴史があり、旧市街には初期キリスト教会が残る。
アクイレイア
バジリカの床一面を覆う4世紀のモザイクは壮観。ローマ遺跡とともに世界遺産に登録。
ロヴィニ (クロアチア)
旧市街の真ん中の塔が印象的な港町。入り組んだ石畳の路地はまさに中世そのもの。
スピリンベルゴ
町中には美しいフレスコ画が描かれた家々が残る。特に城の壁画は圧巻。
チヴィダーレ・デル・フリウリ
中世初期のロンゴバルド族の痕跡が残っており、世界遺産に登録。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム