旅のデザインルーム トップページへ戻る イタリアへの旅  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 TOP > イタリアへの旅
 出発日・料金  コースの見どころ

誰もが再訪を願うイタリアの二大美都に
連泊滞在の旅
市内中心部のホテルを確保済み!

フィレンツェとベネチアの休日
10日間

出発日  料金 
2018年11月7日 349,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
78,000円
利用予定航空会社 エールフランス航空等
成田空港使用料
保安サービス
2,610円
海外空港諸税 9,060円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。



サン・マルコ広場
コースのポイント

イタリアの中でも再訪を願う人が多い二大都市、フィレンツェとベネチア。立地至便なホテルに連泊し、じっくりとお楽しみいただきます。
町全体が博物館と言われるフィレンツェ。
◇通常訪れる機会の少ないアルノ川西岸も訪問。ラファエロの傑作を所蔵するパラティーナ美術館や、マサッチョのフレスコ画で知られるブランカッチ礼拝堂を見学。
◇フラ・アンジェリコの優美な天使に会えるサンマルコ美術館も見学。
何もない海上に築かれた奇跡の「水の都」ベネチア。運河とそこに架かる400もの橋、立ち並ぶ宮殿とバロックの教会は、どこを取っても「絵」になる町です。
◇通常のツアーでは訪れないラグーナの島々をヴァポレットで巡ります。ムラーノ島ではガラス博物館、トルチェッロ島ではサンタ・マリア・アッスンタ聖堂、ブラーノ島の散策、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島ではエレベーターで鐘楼に登り、ベネチアの全景をご覧いただきます。
◇18世紀に建設されたフェニーチェ歌劇場を訪問。1996年の大火から8年の歳月をかけて、2005年に再建されました。金色を基調とした眩いばかりのネオ・バロック様式の内部を見学します。
◇ベネチア派絵画の傑作を一同に集めたアカデミア美術館へもご案内します。

利用確定ホテル
フィレンツェ:MHフローレンス
サンタマリア・ノヴェッラ駅のすぐ横に位置し、旧市街の中心ドゥオーモまでも徒歩圏。白を基調にした清潔感溢れるデザイン・ホテル。屋上テラスからの眺めも素晴らしく、駅の向こうにドゥオーモも見えます。
ベネチア本島:ガブリエリ
14世紀の宮殿を改装したヨーロピアン・スタイルのホテル。海岸沿いのプロムナードに面して建ち、サン・マルコ広場へは500 m、ヴァポレット(水上バス)乗り場にもすぐと立地至便。屋上テラスからはベネチアの美しいラグーンを見渡せます。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2018 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム