旅のデザインルーム トップページへ ギリシャ・トルコ・キプロス  東京:03-3567-9191 大阪:06-6201-0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 topギリシャへの旅
ツアー名・出発日・旅行代金 コースの見どころ
 東京/大阪発着
同一料金


東エーゲ海のヒオス島、サモス島を巡り、
オレンジ色の屋根が印象的なスコペロス島へ。
中部の港町ヴォロスではピリオン鉄道に乗車!


東エーゲ海の珠玉の島々と
郷愁のピリオン鉄道の旅
11日間


出発日  料金 
2017年5月22日 379,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
79,000円
利用予定航空会社 エミレーツ航空等
羽田空港使用料
保安サービス料
2,670円
海外空港税 12,310円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。



ピリオン鉄道
コースのポイント

◆スコペロス島は本土のすぐ東に位置するスポデラス諸島で最も美しい島。オリーブやプラム、アーモンドの木々で覆われ、緑濃き大地がクリスタルブルーの海に溶け込む風景が広がっています。映画マンマ・ミーヤのロケ地としても有名。オレンジ色の瓦屋根の家々が軒を連ねる街並みはとても印象的です。
◆ピリオン鉄道1903年に地元の人々の足として開通するも1971年に運休に。残存する施設に歴史的な価値が認められ文化財に登録され、また、見事な展望のルートであることから1996年に観光列車として復活。オリーブなどの木々を抜け、波静かな湾を見下ろしながらのんびりと進む素朴な風情をお楽しみ下さい。
◆ヒオス島は東エーゲ海に浮かぶビザンチンの面影残す静かな島。吟遊詩人ホメロスの生誕地であり、ビザンチン建築の傑作といわれる世界遺産ネア・モニ修道院があることでも知られています。島の南部にはいまだに城塞化された、中世の面影を残す村が点在し、特に「クシスタ(幾何学模様)」と呼ばれる独特の装飾が建物の壁に白とグレーで描かれているピルギ村や重厚な石造りの要塞メスタ村は、世界中の建築家の興味を引いています。
◆サモス島はトルコから僅か2キロの距離に位置し、オリエンタルな雰囲気漂う島。ギリシャ神話の最高神ゼウスの妻ヘラの生誕の地とされ、世界遺産に指定される巨大なヘラの神殿跡が残る。また、あの「ピタゴラスの定理」で知られる数学者ピタゴラスの生誕地ピタゴリオも世界遺産に指定されています。

※島々の港にはポーターがおりません。スーツケースをご自身でお運び頂くことが多々あること、お含みおき下さい。
※観光は、他のお客様との混載となる場合もございます。
※場所柄、大型バスはございません。
※船、航空機など運送機関のスケジュールが流動的なお国柄です。悪天候の場合なども含め、行程に変更が生じる可能性があること、予めお含みおき下さい。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2016 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム