旅のデザインルーム トップページへ戻る フランス  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > フランスへの旅
 出発日・料金
東京/大阪発着
同一料金


18名様限定・
芸術家達に愛されたプロヴァンス、
コート・ダジュールを連泊中心にご覧いただきます


フランス南東部の小さな美術館と
ロマネスクの旅
12日間


5
出発日  料金 
2018年5月18日 459,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
88,000円
利用予定航空会社 KLMオランダ航空等
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外での空港諸税 7,170円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。


◆コースのポイント◆

昔から多くのフランスの国内外の芸術家達に愛されたプロヴァンス、コート・ダジュール。このエリアには珠玉の小さな美術館が点在しています。今回はその中でも特にこれだけは見ていただきたい美術館を厳選しました。
またこの地方を代表するロマネスクはシトー会のものが多く、「孤独」「清貧」「質素」というベネディクト会の理念がそのまま反映されている飾り気のない簡素な僧院です。中世にタイムスリップしたかのようなそんな世界を是非ご堪能下さい。


フランスの最も美しい村協会
フランスの最も美しい村協会は1982年にフランスで最初に設立された協会です。その目的は質の良い遺産を多く持つ田舎の小さな村の観光を促進することです。ブランドの信頼性と正当性を高めるために厳しい選考基準を設けていることで知られています。景観を破壊するような建物の建設は制限。また、認定後にも審査があり、資格が剥奪されることもあります。ベルギー、イタリア、カナダ、日本でも協会が設立され、これらを統合した世界で最も美しい村連合も設立されました。今回の旅ではフランスの最も美しい村協会に認定された村々に加えて、フランス発祥から国境を越えた例として、イタリアの最も美しい村協会認定の村もご覧いただきます。

珠玉の小さな美術館の数々
首都などの大都市以外で、世界で最も小さな実力派の美術館が点在するのはフランス南東部のプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地方です。その中から是非共見ていただきたいような美術館を厳選しました。
1ピカソ美術館
2アングラドン美術館
3ラノンシアード美術館
4マーグ財団美術館
5ルノアール美術館
6シャガール美術館
7マチス美術館
8国立ピカソ美術館
9ジャン・コクトー美術館

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2016 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム