旅のデザインルーム トップページへ戻る フランス  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > フランスへの旅
 出発日・料金
東京/大阪発着
同一料金


ゆったり7連泊し、アルザスの花の村を巡ります
ドイツ黒い森、スイスのバーゼルへの小旅行にも
ご案内!


コルマールに滞在
〜花の村巡りと近郊への旅
9日間


出発日  料金 
2018年6月18日 379,000円
10月16日
黄葉の季節
379,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
72,000円
利用予定航空会社 KLMオランダ航空等
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外での空港諸税 5,220円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。


コルマール

◆コースのポイント◆

可愛らしい木組みの家々が残り、アルザス伝統の趣ある街、コルマールは 第二次世界大戦の激戦地のひとつであったアルザス地方にありながらも奇跡的に戦禍を免れました。そのため街角には美しい木組みの家々や石畳の道など中世の面影が色濃く残っています。 パステル調の家並みが運河の水に映え、イタリアのヴェニスを彷彿とさせることから「プティット・ヴニーズ」と呼ばれる地区では、訪れる者をメルヘンの世界に誘います。そんなコルマールにゆったり7連泊し、周辺の木組みの家々と花々が美しい小さな町々を巡ります。また、三国国境付近に位置しますので、ドイツ・黒い森やスイスのバーゼルにも足を延ばします。

コルマール:グランドホテル・ブリストル
鉄道駅正面に建つホテル。クラシカルな外観ながら内装はモダンに改装されています。旧市街まで徒歩10〜15分。郊外へのバス・ステーションもホテル前にあり便利な立地です。

2,3,5日目:アルザス地方の美しい花の村巡り
アルザスの各村の民家では、窓辺や庭に飾られたゼラニウムなどの美しい花々が、木組みの家々が並ぶ町並みの美しさを一層引き立てます。フランスでは毎年、全国から1万以上の町が参加する「花の町コンクール」があり、コルマールはもちろんエッギスハイム、リボーヴィレ、カイゼルスベルグなどが、その最高ランクの4つ星を獲得しています。今回、それら美しい花の村を巡りますが、それぞれに個性が溢れています。そんな個性を探しながら、ゆったりと美しい花の村を散策下さい。

4日目:ドイツ南部・黒い森の観光
★フライブルクではキリスト教世界で最も美しい塔をもつ大聖堂など美しい旧市街を散策します。
★黒い森地方の伝統的な暮らしぶりを展示する黒い森野外民家博物館を見学します。
★「ロマンチックな宝石のような町」と讃えられる木組みの家並みが美しいゲンゲンバッハも訪問。

6日目:スイス・バーゼルの観光
ライン川沿いにあり、スイスで三番目に大きな国際都市。ライン川の北側には国際見本市会場があり、川の南側には保存状態の良い旧市街が広がっています。古来より学術や芸術が栄えた都市であり、バーゼル市立美術館、バイエラー財団美術館などで珠玉の名画に出会えます。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2016 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム