旅のデザインルーム トップページへ戻る 英国・アイルランド  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > 英国・アイルランド
 出発日・料金  コースの見どころ

ヒースの季節に鉄道とバスと
ナローボートで巡る英国再訪の旅。
壮大な夏の祭典ミリタリータトゥーも鑑賞!


〜ヒースの季節に訪れる〜
鉄道とナローボートで巡る英国の田舎
11日間

出発日  料金 
2017年8月18日 529,000円
プレミアムエコノミー追加代金 120,000円
一人部屋利用追加料金
(ツインタイプ)
98,000円
利用予定航空会社 ブリティッシュ
エアウェイズ
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 18,970円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。


◆コースのポイント◆

北イングランドのムーア(荒野)にヒースの花が咲き乱れ、赤紫色に染まる8月下旬の特別企画。当コースは、主要な観光ポイントを網羅した上で、各地の景勝鉄道や保存鉄道を組み入れたこだわりの旅です。イギリスは鉄道発祥の国。全国各地へ路線網は充実しています。しかしながら、発祥の地だったことが、かえって仇となっているのか、欧州大陸の鉄道高速化競争には完全に乗り遅れており、路線も電化されていないところばかりです。その一方、歴史的価値の高い鉄道遺産が多く、各地でボランティアの努力による保存鉄道が活躍しているため、今でも味わい深い鉄道の旅をお楽しみいただけるのです。
利用確定ホテル
ロンドン:コープソン・タラ

市内ケンジントン地区に位置し、ケンジントン・ハイストリートに並ぶショップやレストラン、ナイツブリッジ、ノッティングヒルへ徒歩圏。客室はベージュを貴重としたナチュラルな雰囲気で過ごしやすい室内です。

スコットランド最大の祭 「 ミリタリータトゥー」を鑑賞!
毎年8月に開催されるエジンバラ国際フェスティバル。その祭典のハイライトは、毎夜催されるミリタリー・タトゥーです。ライトアップされた壮麗なエジンバラ城を背景に、総勢200名にも及ぶ各国軍楽隊によるバグパイプの演奏やマスゲームが繰り広げられます。世界中から観光客が殺到する夏のエジンバラの代名詞です。

ファルカーク・ホイール
エジンバラ近郊、ファルカークにエリザベス2世の就位50周年を記念して2002年に建てられた、高低差24mある2つの運河をつなぐ回転式のボートリフトです。

ウエスト・ハイランド鉄道 West Highland Railway
〜「ハリーポッター」で有名なスコットランドの絶景鉄道〜
スコットランド西部をグラスゴーからマレイグまで、荒々しい荒野を海に向けて走るウエスト・ハイランド鉄道は、沿線風景がとても美しいことで知られる人気路線。観光シーズンには、蒸気機関車ジャコバイト号が一日一往復しています。また、途中にある世界最古のコンクリート製の高架橋「グレンフィナン・ヴィアダクト」は、映画「ハリーポッターと秘密の部屋」の撮影に使われたことでも有名です。


セトル・カーライル鉄道 Settle-Carlisle Railway
〜国立公園を縦断するイングランドで最も美しい景勝ルート〜
イングランド北部ヨークシャー・デイルズ国立公園を縦断するローカル線。19世紀に造られた路線で、全長116kmの間に22の陸橋と14のトンネルがあり、その車窓から見る風景はすばらしいの一言です。連なる小高い山々を背景にヒツジが静かに暮らしている光景があるかと思えば、丘陵と岩だらけのムーア(荒野)が現れます。広大な国立公園の大自然と、英国のカントリーサイドの美しさを味わえます。また、この一帯は、8月下旬から9月にかけて、ヒースの花でムーアが赤く染まることでも有名です。是非この機会に、イングランドで最も美しい景勝ルートをお楽しみ下さい(ディーゼル列車の場合もあります)


スランゴスレン保存鉄道 Llangollen Railway
〜北ウェールズの風光明媚な田舎を走る趣ある鉄道〜
ウェールズ北部の小さな村、スランゴスレンを起点にして走る約12kmの保存鉄道で、駅数は5。現存の鉄道網から離れてひっそりと保存されています。スランゴスレン鉄道は、ウェールズの深い渓谷を流れるディー川とほぼ平行しており、川と列車が織り成すコントラストはフォトジェニックです。特に起点のスランゴスレン駅は瀟洒な駅舎もさることながら、対岸から見るその姿はディー川と一体となって見事です。


ナローボートとポンテカサステ水路橋 Pontecysyllte Agueduct
〜「運河王国」イギリスを象徴する水路橋をナローボートで〜
18世紀後半のイギリスで産業革命幕開けを支えたのは今も国内に3000km以上残る運河でした。かつては大輸送を支え貨物船が行き交いましたが、今はほぼ100%レジャー用として保存運用されています。産業革命における建築物の傑作・世界遺産のポントカサステ水路橋を含む風光明媚な渓谷を時速6kmのナローボートでお楽しみいただきます。


キースリー&ワース・バレー鉄道 Keighley & Worth Valley Railway
〜「嵐が丘」の舞台、ブロンテ・カントリーへ〜
週末と学生の休暇シーズンのみ運行してる19世紀の産業革命時代の蒸気機関車の保存鉄道。セトル・カーライル鉄道の停車駅でもあるキースリーからオクセンホープまでの6駅7kmを25分かけてゆっくりと走ります。途中にあるデイムス駅はイギリスで最も小さな鉄道駅です。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム