旅のデザインルーム トップページへ戻る 英国・アイルランド  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > 英国・アイルランド
 出発日・料金  コースの見どころ
東京/大阪発着
同一料金


ヒースの花の季節!
イギリスの中の異国コンウォール半島に5連泊、
ゆっくりと歩く新しい旅です。


早涼の南西イギリス・
コンウォール半島を歩く旅
10日間


出発日  料金 
2018年8月22日 459,000円
一人部屋利用追加料金
(シングルタイプ)
78,000円
利用予定航空会社 KLMオランダ航空
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 17,620円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。



ダートムーアのヒース

◆コースのポイント◆
8月の下旬はヒースが咲き誇る時期です。8月下旬の日本は早涼という季語はありますが、実際はまだまだ残暑が厳しい時期です。ここイギリスの中の異国コンウォール半島の湿度も高くなく、早涼という言葉が非常にぴったりの季節となります。日本は現在、散歩ブームだと言われておりますが、このツアーは散歩発祥の地であるイギリスを舞台に「歩く」をテーマにした旅です。「歩く」といいましても距離や足場等により全く印象が異なる旅となりますが、今回は1日で最大でも5km程度ですのでどなたでも無理なくご参加していただけるのが特徴です。かつてはコンウォール王国という独立した国だったコンウォール半島は、イギリスでも独自の文化・伝統が色濃く残ります。歩きながら、コンウォールの独自の世界にも色々と観光で触れていただければと思います。皆様のご参加を心からお待ちしております。
◆イギリスの中の異国、コンウォール半島◆
昔、ここは独立した王国がありました。当時はコンウォール語という独自の言語が話されていたようです。20世紀に入ってこの言語の復活運動が起こり、今も続いています。また、伝説のアーサー王ゆかりの地としても知られており、妖精伝説と合わせてコンウォールの独自の文化・世界観が今も息づいています。日本人観光客で非常に賑わうコッツウォルズ地方とは雰囲気が全く異なり、イギリスの中の異国の異名を取るそんなコンウォールの世界をどうぞお楽しみ下さい。

◆コンウォールを無理なく歩く旅◆
バスの車窓から景色を見るのと、実際にその土地を歩くのでは旅に対する印象が相当異なります。8月の下旬のヒースの咲き誇る時期に合わせて、通常のイギリスの周遊コース等では訪れることがないコンウォール半島だけをご案内する新しいコースです。歩くといっても1日に最大でも5キロほどになりますので、ゆっくりペースでコンウォールを歩いていただけます。

〜8月下旬は歩くのに最適なシーズン〜
この時期の平均最高気温は19度程度、平均最低気温は13度程度となります。湿度も高くなく、歩くのに最適なシーズンです。この時期に咲くヒースもあわせてお楽しみ下さい。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム