旅のデザインルーム トップページへ  アジアへの旅  
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > アジアへの旅
ツアー名・出発日・旅行代金 ツアー訪問地


黄金の三角地帯と憧れのレイクパレス滞在。
野生の虎が生息するランタンボールも訪ねます

ベンガル虎・ランタンボール国立公園と
レイクパレス宿泊の旅
10日間


出発日  料金 
2017年12月4日 319,000円
2018年2月5日 319,000円
一人部屋利用追加料金 85,000円
ビジネスクラス追加料金 190,000円
利用予定航空会社 エア・インディア
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 3,440円
査証(インド) 取得します
査証取得代行手数料 4,320円
最少催行人員 12名(最大18名)様
燃油サーチャージは別途頂きません


レイクパレス
コースのポイント
◇デリーに2連泊し列車でアグラへ
 ムガール皇帝第3代のアクバルが都とし、壮大な建築物が古の栄華を今に伝えています。何と言っても有名なのは第5代皇帝シャー・ジャハンが残したタージ・マハル。完璧とも言われる白亜の廟をじっくりと見学します。ラジャスタン州のジャイプールは勇猛果敢なラージプート族の本拠地でした。この地方独特のアバネリの階段井戸にもご案内します。
◇メーワール王国の都・チットールガル
 ヒンドゥー教徒のラージプート族の拠点でイスラム勢力との大激戦の地ともなった町です。高さ180mの台地上に東西800m、南北2500mに亘り城壁で囲まれており、宮殿、寺院、塔、貯水池が残されています。インドで最大の城砦の一つと言われています。
◇ランタンボール国立公園
かつてのムガール帝国の王侯、貴族達の狩猟地だったランタンボールは1955年に野生保護区、1980年には国立公園となり現在40頭余りの野生の虎をはじめ、鹿、ワニ、野鳥類が生息しています。朝と夕に虎を探しにサファリを楽しみます。

5つ星 宮殿ホテル タージ・レイクパレス
ウダイプールの宿泊は、ホテル・レイクパレスをご用意いたしました。1746年に竣工された宮殿を改装したこのホテルは、ムガール帝国時代を再現した風格ある造りとなっております。ピチョーラ湖に浮かぶ立地上、ボートでのみホテルに足を踏み入れることが出来ます。夕刻にはサンセットクルーズにご案内します。
夕焼けに赤く染まる湖と白亜の古城の美しさをお楽しみください。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム