旅のデザインルーム トップページへ  アジアへの旅  
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > アジアへの旅
ツアー名・出発日・旅行代金 ツアー訪問地
東京/大阪発着
同一料金


マレー半島とボルネオ島を
一度で巡る当社オリジナル・コース。
知られざる王国ブルネイも訪問!

マレー半島の歴史の街々と
ボルネオ島・ブルネイ王国
 10日間


出発日  料金 
2017年3月8日 298,000円
一人部屋利用追加料金 49,000円
利用予定航空会社 マレーシア航空
成田空港使用料 2,610円
海外空港諸税 2,910円
最少催行人員 15名様
燃油サーチャージは別途頂きません



オランダ建築様式の教会/マラッカ

コースのポイント
マレー半島とボルネオ島、知られざる王国ブルネイを一度で巡る、他社にはない当社オリジナルのコース。まさにマレーシア完全周遊です!
◇マレー半島では、世界遺産の古都マラッカ、ペナン島ジョージタウン、紅茶の産地で高原リゾートでもあるキャメロン・ハイランド、首都のクアラルンプールと巡ります。
◇ボルネオ島ではテングザルを探すサファリ・クルーズ、世界遺産キナバル国立公園と秘境ボルネオ島の大自然を満喫します。
◇石油や天然ガスなどの資源により世界一の富豪国であるブルネイ王国も訪れます。

◆世界遺産/古都マラッカとジョージタウン◆
古都マラッカとペナン島ジョージタウンは、14世紀より東西の交易地として栄えました。中国やポルトガル、オランダ、イギリスなどの列強の影響を受けたため、街には各国の史跡が残り、まるで歴史博物館のようです。ヨーロッパの洗練された雰囲気とアジアの混沌とした雰囲気がミックスされ、独特のエキゾチックな雰囲気を醸し出す街々なのです。その歴史的重要性からマラッカとジョージタウンは世界遺産に指定されています。
◆知られざる富豪国ブルネイ王国へ◆
世界で3番目に大きな島ボルネオ島の一部、三重県ほどの面積の小国・ブルネイ。天然ガスや石油などの豊富な天然資源に恵まれ、世界有数の大富豪の王族でも知られています。
◆マレー半島・ボルネオ島の大自然へ◆
コタ・キナバル近郊、クリアス川クルーズへ。大きく長い鼻が特徴のテングザルが生息しており、かなりの確率で遭遇できます。その他、カニクイザルやワニなどの動物との出会いにご期待ください。その後、幻想的に輝く蛍の群れもご鑑賞ください。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2016 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム