旅のデザインルーム トップページへ  アジアへの旅  
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > アジアへの旅
ツアー名・出発日・旅行代金

スリランカ航空直行便利用

珠玉の仏教遺跡と黄金海岸、
そして動物サファリも満喫。
高級リゾート「マウント・ラヴィニア」にも宿泊!

スリランカの世界遺産と古都の旅
11日間

出発日 料金 
2018年8月20日
ペラヘラ祭り
298,000円
一人部屋利用追加料金 50,000円
利用予定航空会社 スリランカ航空
査証(スリランカ) 取得します
査証取得代行手数料 4,320円
成田空港使用料・
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 5,440円
最少催行人員 15名様
燃油サーチャージは別途頂きません



 5世紀に建てられた宮殿跡が残るシギリヤ・ロック


コースのポイント
◇アヌラーダプラ、ポロンナルワ、キャンディを結んだ文化三角地帯を訪問。紀元前4世紀からの仏教王朝が残した大遺跡が点在しています。特に「シギリヤ・レディ」の優雅な壁画はその美しさで世界的に知られます。
◇オランダ時代やイギリス時代の建物が残る世界遺産の港町ゴールへもご案内。
◇世界遺産はシンハラージャ森林保護区など計7カ所訪問します。
◇ミンネリヤ国立公園のサファリ・ドライブへ。8月は象が水や草を求めて集まる「エレファント・ギャザリング」が見られるチャンス。
◇仏教遺跡以外の観光も充実。セイロン・ティーの産地ヌワラエリア、アンバランゴダの仮面博物館、伝統の一本杭漁法ストルト・フィッシングも見学。熱帯ジャングルの中を進むベントータ川のクルーズにもご案内します。
◇旅の最後は、高級コロニアル・リゾート「マウント・ラヴィニア・ホテル」でゆったりと。

華麗なる仏教遺跡を堪能
紀元前3世紀に仏教が伝来して以来、2500年以上もの歴史を持つ数々の遺跡は、今も仏教徒の信仰の対象として大切に保存されています。植民地化されるまで続いた仏教王朝の栄華の数々は、アヌラーダプラ、ポロンナルワ、キャンディを結ぶ地域に集約され、文化三角地帯と呼ばれています。当コースでは、その文化三角地帯を5日間にわたり、じっくりとご覧いただきます。

ミンネリヤ国立公園「エレファント・ギャザリング」
乾季の8月にのみ、公園内に生息する野生の象が水や草を求めて、公園中央部の水辺に集まってくる奇跡の現象。

東洋最大の祭典『ペラヘラ祭り」を見学
仏教の象徴ともいえる仏歯が象の背中に乗せられ、キャンディの街を練り歩きます。百頭もの象や多くのダンサーが松明をかざし、太鼓を鳴らし行進する光景は圧巻。特別観覧席からゆったりとご覧下さい。

歴史ある高級コロニアル・ホテルに宿泊
旅の最後は高級リゾート「マウント・ラヴィニア」でゆったりと
最後の宿泊は、喧騒のコロンボを避け、英国総督の壮麗な別荘を改装した『マウント・ラヴィニア・ホテル』に宿泊。今でも英国植民時代の伝統と格式を守り、各界の著名人も数多く宿泊しています。美しい海岸線の岬に位置し北にコロンボの高層ビル群を望む当ホテルでの滞在は一生忘れられない体験となるでしょう。海側のお部屋をご用意しました。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム