旅のデザインルーム トップページへ  アジアへの旅  
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > アジアへの旅
ツアー名・出発日・旅行代金 ツアー訪問地


ラジャスタンの城郭都市からグジャラート州へ
カッチ大湿原のインダス文明、
ドーラビーラ遺跡を訪問

謎のドーラビーラ遺跡・ラジャスタンから
グジャラートヘの旅
14日間


出発日  料金 
2017年11月26日 329,000円
2018年1月28日 329,000円
一人部屋利用追加料金 65,000円
ビジネスクラス追加料金 190,000円
利用予定航空会社 エア・インディア
成田空港使用料 2,610円
海外空港諸税 2,310円
査証(インド) 取得します
査証取得代行手数料 4,320円
最少催行人員 12名(最大20名)様
燃油サーチャージは別途頂きません


ドーラビーラ遺跡

コースのポイント
☆「黄金の街」ジャイサルメール
砂漠に忽然と現れるジャイサルメールは、かつて中央アジア、アラブ諸国へと到る通商路の交易都市として栄えましたが、現在は辺境の街として時代から取り残された感があります。長大な城壁に囲まれた旧市街にはかつての豪商の邸宅が数多く残り、古の栄華を今に伝えると共に昔ながらの街並み、雰囲気がよく残っています。夕陽を受けて黄金色に輝くような城の情景は感動的です。
☆インド最西部・グジャラート州
インド好きの方でもなかなか訪問の機会がないのがグジャラート州です。ガンジーの生まれ故郷であり、禁欲的なジャイナ教の影響が強いグジャラート州の見所を訪ねます。
☆インダス文明の都市遺跡 ドーラビーラ
パキスタンのモヘンジョダロやハラッパーと同じく4500年前のインダス文明の都市遺跡で海上貿易で栄えました。乾季と雨季でまったく異なる表情を持つカッチ湿原に築かれた要塞都市でもあり東西780m、南北630mの都市には最盛期2万人の人口があったと推定されています。雨の少ない地域の為、ダムや貯水槽、井戸、下水施設が完備され高度な都市文明を誇ったと言われています。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム