旅のデザインルーム トップページへ戻る  東京:03−3567−9191 大阪:06−6201−0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top >アメリカ・カナダ
 出発日・料金  コースの見どころ

ナイアガラの滝から紅葉のメープル街道を満喫。
その後、リバーバレー・シーニックルートをドライブしプリ ンス・エドワード島には3連泊!


秋のカナダ東部・大周遊
〜メープル街道から
プリンス・エドワード島へ〜
13日間


出発日  料金 
2017年9月27日 598,000円
一人部屋利用追加料金 128,000円
国内線料金 大阪・名古屋:6,000円
福岡・札幌発:往復26,000円
利用予定航空会社 エア・カナダ
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 4,390円
eTA 7カナダドル
eTA取得代行手数料 4,320円
最少催行人員 15名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。





プリンス・エドワード島
◆コースのポイント◆

秋のメープル街道三大紅葉名所を巡る!
@ロレンシャン高原 Laurentians
モントリオールの北西に位置する世界最大級の紅葉の名所。なだらかに連なる山々の合間に大小の湖沼が無数に点在し、紅葉の季節には山々一面が赤やオレンジ、黄色に染まります。当ツアーでは中心の村モン・トランブランに2連泊。ゴンドラでトランブラン山の頂上へ行かれてはどうでしょう。きらめく湖面とカラフルな家々の屋根、そして取り囲む山々の鮮やかな紅葉・・・まさに溜息が出るほど美しい絵画の世界です。
Aイースタンタウンシップス Eastern townships
モントリオールの東に位置するためこう呼ばれ、丘陵や渓谷、湖をもつこの地域は、ヨーロッパの田舎を彷彿させる人気の紅葉スポットです。色づく木々と湖面、そして湖畔の修道院が織りなす光景は、落ち着いた美しさを醸し出しています。
Bアルゴンキン州立公園 Algonquin
1893年制定のオンタリオ州最古の州立公園。東京都の約3.5倍の広さで、湖沼や河川、赤や黄色に染まる山々は、訪れる者を魅了します。現地ではロレンシャン高原をも凌ぐ人気を誇ります。当ツアーでは、紅葉を眺めながらのルックアウト・トレイルのハイキングをお楽しみいただきます。また、近郊のマスコーカ地方の紅葉を眺める展望台にもご案内します。

人気の紅葉ルート「リバーバレー・シーニックルート」もドライブ
ケベック・シティからセント・ローレンス川に沿うように北上。リヴィエール・ドゥ・ルーの町より東に進路を取り、アパラチア山脈を越え、ニュー・ブランズウィック州へ。ここからセント・ジョン川のゆったりとした流れに沿う紅葉の名所「リバーバレー・シーニックルート」になります。川と渓谷の景観、そして紅葉をお楽しみ下さい。車窓からの紅葉は燃えるような赤だけではなく、ピンクに近い紅や、やわらかなオレンジ、黄色、薄緑まで、さまざまに変化します。また、紅葉以外にも、壮大な滝グランド・フォールや世界一長い屋根付き橋などの見所もございます。
コンフェデレーション・ブリッジ
プリンス・エドワード島と本土ニュー・ブランズウィック州を結ぶ全長12.9kmのコンフェデレーション・ブリッジ。1997年の開通当時は海の上を渡る橋としては世界最長でしたが、現在は、冬期凍結する海にかけられていた橋として世界最長となっています。海面を這うように伸びる姿は優美で、美しさに溢れています。
赤毛のアンの舞台プリンスエドワード島3連泊
カナダ大西洋岸のセント・ローレンス湾に浮かぶ、国内最小の州であるプリンス・エドワード島。16世紀のフランスの探検家ジャック・カルティエは、「これほど麗しい地は他になかろう」と言いました。海岸線に建つどこか懐かしい白い灯台。赤土の道と島を彩る鮮やかな花々、夕日に照らされたカラフルで小さな家々。この島には言葉で言い表すことが出来ない絵ハガキのように美しい景色で溢れています。

確定ホテル
モン・トランブラン:ホームウッドスイーツ・バイ・ヒルトン

トランブラン・リゾートの中心に位置し、散策、ショッピングなどに最高の立地。ベージュの壁に緑色の屋根を組み合わせたヨーロピアンスタイルの建物。
ケベックシティ:パレス・ロイヤル
旧市街を取り囲む城壁のサン・ジャン門から少し外に位置し、散策やショッピングなどにもとても便利。屋内プールなど館内設備も充実。
シャーロットタウン:ロッド
ロックフォード広場の向かいに位置する便利な立地。1931年創業の歴史あるレンガ造りのホテル。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム