旅のデザインルーム トップページへ  東京:03-3567-9191 大阪:06-6201-0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > アフリカへの旅
ツアー名・出発日・旅行代金 コースの見どころ


変化に富んだ大自然と素朴な人々との出会い
未知なるアフリカの大国を探訪!


アンゴラの知られざる大自然と絶景への旅
10日間


出発日  料金 
2018年5月16日 698,000円
一人部屋利用追加料金 118,000円
利用予定航空会社 エチオピア航空等
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 7,720円
査証(アンゴラ) 取得します
イエローカード必要
査証取得代行手数料 4,320円
最少催行人員  10名(18名)様
※燃油サーチャージは別途頂きません。




ミラドゥーロ・デ・ルーア
コースのポイント

不幸な内戦から立ち直った国・アンゴラ。石油とダイアモンドを産する資源国です。近年、観光にも力を入れ始めており、首都ルアンダを抜けると、意外にも大自然の景勝地が多く存在します。壮大な滝、不思議な奇岩群、動物サファリ・・・知られざるアンゴラの大自然と絶景をお楽しみ下さい。また、現地の人々の素朴さもアフリカ随一といわれています。是非、この機会にアンゴラ人の人の好さに触れてみては如何でしょうか。

◆独特の植物が見られる◆ンダラタンド植物園

クアンザ・ノルテ州の州都ンダラタンドでは、植物園にご案内します。気根(地上に出た根)を張り巡らせる珍しい巨木などをご覧下さい。

◆アフリカ第2の規模◆カランドゥーラの滝
アフリカでビクトリア・フォールズに次いで第二の規模のカランドゥーラの滝。幅約400m、落差は約105mあり、アンゴラ人が世界に誇る滝です。まだまだ観光地としては整備されていないため柵などは何もなく、ありのままの大自然を体験出来る貴重な場所であります。5月は、10月〜4月の雨季に降った雨が流れ込み、滝の水量が豊富になる時期。迫力ある滝の様子をご覧下さい。

◆不思議な形の巨大な奇岩群◆ペドラス・ネグラス
ペドラス・ネグラスとはポルトガル語で「黒い岩」。高さ70mから200mまで、様々な形や大きさの岩山が集積していて、遠くから望むと”黒く”見えます。何故このような奇岩群がいくつも聳えているのかは、未だ謎が多いそうです。

◆知られざる絶景地◆ミラドゥーロ・デ・ルーア
ポルトガル語で“ミラドゥーロ”は、見える場所 という意味で、“ルーア”は月という意味。つまり“月が見える場所”というロマンチックな場所です。展望台からは、月のクレーターのような濃いオレンジ色の断崖が続く壮大な景観を望めます。切り立った崖と地層の様子は、まさに自然の芸術と言えるでしょう。

◆クワンザ川流域に広がる動物の楽園◆キッサマ国立公園
ルアンダの南80キロ、国土を東西に流れるクワンザ川流域に広がるキッサマ国立公園。植民地時代に猟獣保護区に指定され、その後、国立公園に。内戦の影響で一時は動物が絶滅しかけましたが、近隣諸国から動物を移住させ、現在は、アフリカゾウ、キリン、シマウマ、ブッシュバック、ダチョウ、エランドなど多様な動物が生息しています。車でのサファリのほか、ボート・サファリにもご案内します。まだまだ観光客は多くないので、サバンナ、森、川、湿地帯と多様な生態系の中、ゆったりとサファリをお楽しみいただけるでしょう。

◆成長著しいアンゴラの首都◆ルアンダ
国の成長とともにアフリカでも有数の大都市に。ポルトガル植民地時代の建物もまだ残っていますが、現在も開発の真っ只中で、昔の建物を取り壊し、新しいビルになっています。第一の見所は、丘の上に建つ白亜のサン・ミゲル要塞。美しい海岸線の街並みが見渡せます。また、内部は軍事博物館になっており、内装は、ポルトガルの植民地だった名残で、美しいアズレージョで飾られています。その他、初代大統領アゴスティーニョ・ネトの功績を記念して建てられた霊廟も独特な建築物で、街のランドマーク的存在となっております。

★秘境の旅に関するご案内とお願い★
◇観光客、及び日本人が訪れることが稀な国々です。その為、出入国の審査において、時間を要する場合が殆どであることお含みおき下さい。
◇航空便のスケジュールが流動的な地域です。そのため、観光順序・内容などに変更が発生する可能性が高いコースであること、予めお含みおき下さいますよう、お願い申し上げます。フライトの遅延・欠航など当社の関知しない事由により旅程を変更せざるを得ない場合や帰国が遅れた場合など、追加で必要となる費用は、旅行業約款に基づき、ご参加者の皆様にご負担いただくことになります。予めご了承の上、お申込み下さいますよう、お願いいたします。
◇安心のため、当社提携・東京海上日動の偶然事故対応費用を含む海外旅行保険にご加入いただくことを、強くお勧めいたします。
◇場所柄、ホテルの設備は国際レベルには及ばず、簡素なものとなります。浴室はシャワーのみが基本となり、一斉にシャワーを使用すると一時的にお湯の出が悪くなります。
◇お客様ご自身でスーツケースをお運びいただく場合もございます。
◇土地柄、お一人様が二席お使いいただける大型バスはございません。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム